高値が付くカメラの特徴

高価買取してもらえるカメラの種類は、流通量の中古市場のニーズにより変化します。新品で販売している量が多いメーカーは、それだけ欲しがる人も多いと判断できるため、中古市場でもニーズがあるといえます。カメラを売るなら主流メーカーのほうが高値が付きやすく、市場にあまり出回っていないものは人気が無いと判断してください。

カメラの性能の違いでは、初心者用ほどカメラの性能も低下しやすく、プロ用になるほど性能も高いため新品でも高額で価格が落ちにくくなります。高価買取が見込める一眼レフカメラでも、初級者用からアマチュア、プロ用とグレードが分かれています。本体の価格が違うということも当然理由のひとつですが、性能がよい機種は値段が落ちにくいと思っておいてください。

年式は新しいもののほうは価値が高くなるのは、一般の家電製品と同様です。しかし、価格の下がり方はやはり性能でも左右されやすく、初心者用よりプロ用のほうが年数の経過でもそれほど下がらないことも多いです。それでもカメラを家庭で眠らせておけば、どんどん価格が落ちていき、保存状態が悪ければレンズの曇りや傷なども招きやすいため、売るつもりなら1日でも早く行動を起こすのがポイントです。

 

買取り価格を少しでもアップするコツ

カメラの買取を少しでもアップするなら、1日でも早く売ることが大切です。使わない状態で自宅に長期間保存しておけば、湿気の影響を受けてレンズが曇ったりカビたりすることもあるからです。日本は湿度が高いため、保存方法に自信がないなら、1日でも早く売りましょう。

付属品を付けることは高価買取の可能性が出ます。予備のバッテリーが付属している、三脚やカバーが付いている場合は一緒に売りましょう。カバーなどは純正品でなくても、セット商品になると欲しがる人がいるため、お店も高く売ることができます。カメラをこれから始める初心者などは、付属品がすべて揃っていたほうを買う場合もあります。そのため、売るカメラと一緒に使っていて使わない物があるなら、一緒に査定をお願いしたほうが有利になることがあります。

関連情報《カメラ高く売れるドットコム / カメラ買取査定》
付属品を揃えて買取してもらえると減額の可能性が少なくなります。

また、ポイントで買取価格を受け取れるお店もあります。販売と買取の両方をやっているお店でポイントが貯められるなら、ポイントで受け取ったほうが価格を上乗せしてくれます。同店舗で後日新品のカメラや備品を買う予定があるなら、このようなシステムを利用しうまく価格を上乗せしましょう。ポイントに変えておけば、必ずその人が商品を買うという保障があるため、お店側としても嬉しい制度なのです。

カメラ買取りを考えている方へ

カメラを買うときには意外と高価なのに、買い取りに出す際には価格が下がり大幅に損してしまうのではないか?と感じていないでしょうか。買い取り業者の多くは人件費、店舗代などの費用とお店の売上を考慮しなければならず、個人で売買するときより3分の1や3分の2など価格が下がりがちなのは当然のことです。しかし、誰もが知り合いなどに個人売買して高く買取してもらえるとは限らないため、買い取り業者の利用も考慮しなければならない場合もあるでしょう。そのようなときには1円でも高く売りたいのが実情のはずです。

そもそもカメラの種類で査定額は変わってしまうため、何を売ろうとしているかも考える必要があります。たとえば家庭で使うコンパクトカメラなら状態がよいもので半額くらい、ミラーレスでも状態がよいもので半額程度、価格が上がりやすいのはデジタル一眼レフです。一眼レフなら状態がよいもので新品から比べて3割落ちの価格が付く可能性もあります。コンパクトカメラはもともとの価格が安いため、どうしても買い取り価格も落ちてしまうのです。

当サイトではカメラ買い取りのコツを紹介しており、高価買い取りを目指している方が参考になる情報があります。高値が付きやすい機種や、どのような状態が高くなりやすいのかを知っているだけで、買い取り価格に差が付く可能性があります。知識があれば、相場が高くなりやすいのに買取価格が極端に低い業者を避けるなどの対策もできるでしょう。