カメラ買取りを考えている方へ

カメラを買うときには意外と高価なのに、買い取りに出す際には価格が下がり大幅に損してしまうのではないか?と感じていないでしょうか。買い取り業者の多くは人件費、店舗代などの費用とお店の売上を考慮しなければならず、個人で売買するときより3分の1や3分の2など価格が下がりがちなのは当然のことです。しかし、誰もが知り合いなどに個人売買して高く買取してもらえるとは限らないため、買い取り業者の利用も考慮しなければならない場合もあるでしょう。そのようなときには1円でも高く売りたいのが実情のはずです。

そもそもカメラの種類で査定額は変わってしまうため、何を売ろうとしているかも考える必要があります。たとえば家庭で使うコンパクトカメラなら状態がよいもので半額くらい、ミラーレスでも状態がよいもので半額程度、価格が上がりやすいのはデジタル一眼レフです。一眼レフなら状態がよいもので新品から比べて3割落ちの価格が付く可能性もあります。コンパクトカメラはもともとの価格が安いため、どうしても買い取り価格も落ちてしまうのです。

当サイトではカメラ買い取りのコツを紹介しており、高価買い取りを目指している方が参考になる情報があります。高値が付きやすい機種や、どのような状態が高くなりやすいのかを知っているだけで、買い取り価格に差が付く可能性があります。知識があれば、相場が高くなりやすいのに買取価格が極端に低い業者を避けるなどの対策もできるでしょう。